マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『のだめカンタービレ』⑬ (70分)

コニチワー!(by.ポール・デュボワくん) 『のだめカンタービレ』⑬(二ノ宮 知子 / 講談社)買って、読んだので、感想書きマス!!
・・・あー、『のだめ』を読んだ後は"のだめ語"に侵食されていますので・・・、どうぞお気になさらずに・・・☆

今回からしっかりあらすじも書いていきたいと思います・・・。
私、文才ないんだけど。(作文ニガテ・・・)



≪13巻あらすじ≫
のだめと千秋が恋人同士になって初めて迎えるノエル。しかし、のだめはリュカに誘われてキリスト降誕劇に参加することになります。劇終了後、ふたりは再会しますが、のだめにないがしろにされて落ち込む千秋は、のだめに別れを告げます!・・・でも、のだめの(絞め技?)に負けて、ふたりは1からやり直すことになります。
3月になり、のだめは千秋からのクリスマスプレゼントのネックレスをつけて超ご機嫌♪ ピアノも絶好調♪ オーボエの黒木くんとバッソンのポール・デュボワくんと室内楽をやることにもなります。一方、千秋はルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者になることが決定!喜び勇んでマルレ・オケの定期公演を聴きに出掛けるが、その演奏の悲惨さに千秋はマルレ・ショックを受けます・・・。
そんな中、のだめは偶然Ruiに出会います。Ruiと千秋が「わけわかんない言語で交信」(英語で話してるだけ)するので、のだめの嫉妬心は膨らむ一方・・・。しかし千秋はマルレ・ショックから立ち直れないままでいたので、Ruiとの約束をすっぽかし、ロランくんに誘われてマルレ・オケの潜入捜査を決行。そこで見たマルレ・オケの実態に、千秋は再びマルレ・ショックを受けます。その傷も癒えぬまま、千秋はマルレ・オケの次の公演で指揮をすることに!
マルレ・オケでのリハーサルはコンマスのトマ・シモンさんとそりが合わず散々に終わった千秋。一方、のだめは千秋に約束をすっぽかされたRuiに家探し(もといショッピング)に付き合わされ、Ruiの20歳らしい無邪気な一面を知ることになります・・・。
マルレ・オケ本番当日、スタッフのテオくんのミスで打楽器奏者が足りなくなったため、千秋はのだめにチェレスタ(ピアノに似た有鍵打楽器のこと)をやってくれるように頼みます。のだめは千秋との初共演に鼻息ムンムン大はしゃぎ!みんなに宣伝しまくります。
さて、マルレ・オケでの千秋の初指揮はどうなるのか? また、のだめと千秋の初共演は? 待て、次巻!(何者よ、私)

・・・と、まぁこんな感じです。ふぅふぅ・・・疲れた・・・
(あらすじってもっと短いものですか? どこも面白くて、全部説明したくてしょうがないんですよ!)

今回は描き下ろし4コママンガ「サンジェルマンの理髪師」があって、のだめの髪形がどのように維持されているのかが明かされます!

さらに初版限定でキャラコレしおり付き! 私のは清良たん・・・(by.大川総太郎先生)でした☆
ちぇっ・・・のだめか激レアのミルヒー狙ってたのに!(清良さんゴメンナサイ・・・)
しかしまだチャンスはある! 10月発売の『のだめカンタービレ キャラクターBook』だ!
ここまできたら買うぞ! ・・・でもカレンダーは買わないな・・・マングースしおり欲しいけど・・・

今回、カバーの折り返し部分の二ノ宮先生のコメントに、「今回とっても好きなキャラがいます。」と書かれてましたが、もちろんマルレ・オケのコンマスであるトマ・シモンさんでしょう!
清良の師匠カイ・ドゥーン先生をお気に入りだった二ノ宮先生のことですし!
私もコンマスさんは見てるぶんには面白いんですが、実際には関わりたくないデスね・・・

あっ、あんまり内容に触れた感想を書いてないですね!
キリスト降誕劇でののだめと黒木くんのロバ、めっちゃ笑った! 獅子舞の動き!!
てか、リュカってのだめにラヴwwだったんデスか!? しかも今度は黒木くんにラヴww???(笑) あの表情は微妙です!
あと、のだめと千秋の痴話喧嘩シーン! 飛び蹴り炸裂!はたき込み(?柔道技わからん・・・)炸裂!カウボーイ仕込みのロープ技炸裂? 最後はマジ首絞め・・・恐っ・・・でも面白っ!
にしても、ロランくん可愛いですね~☆ むきゃ~お気に入りデス♪
ちょびっとだけ登場したアランくんは微妙なり。特徴ないんだもの・・・

さて、Ruiですが・・・ う~ん、13巻では良いキャラですよね。
可愛げがあって、妹ちっく。プロとして活躍し続けることに限界を感じ、普通の20歳としての生活を送ってみたいってのも同情を誘います。
でも私はこの先を<kiss>で立ち読みしちゃったので、どーにも素直に誉めきれません・・・
無邪気なら何でも許されると思ってはいけまセン・・・!
[PR]
by chizuru-66-lun | 2005-09-13 17:10 | ☆マンガレビュ