マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

週刊『少年マガジン』48号

今週のマガジンの表紙は結構好きな感じです。色合いが好き。
でも、パッと見マガジンだと分かりにくいからダメかもしんないですね。
感想いきまーす。

今週のラインナップ
☆新連載☆ファッションリーダー今井正太郎
◎Over Drive
◎クニミツの政
◎魁!クロマティ高校
◎さよなら絶望先生
◎女子大生家庭教師濱中アイ
◎ぼくらの戦国白球伝
☆読みきり☆史上最強の補欠 伝説の三軍! <後編>




☆新連載☆ファッションリーダー今井正太郎
なぜマガジンでファッション…?と心に引っ掛かったのです…。だって、最近のマガジンって萌え要素に力入れてる感丸出しだったんですもん。そこへきて何故……?と。
そこで私は、まず、萌えを好むオタク読者を増やし、その人たちがこのファッションマンガを読むことによって、オシャレに目覚めてほしい…という魂胆があると見ました。
つまり、マガジンがオタクの外見イメージを一新してみせる!というわけです。
『電車男』のブームにより、オタクの気持ち悪いというイメージは少なからず低減しましたが、それでも見た目のイメージは固定されたままです。「人を見た目で判断してはいけない」と学校で教わっても、見た目どおりのオタクがいるから説得力がない。
今井正太郎はオタクではないけれど、オシャレ下手な初心な男の子。街を歩けば人の目が気になり、原宿のオシャレなお店も緊張して入ることができない。
オシャレをしたいという気持ちに対する姿勢が、一般的なオタクさんたちとは少しずれているとは思いますが(正太郎は前向き・攻撃的、オタクさんは後ろ向き・保守的)、今井正太郎の頑張りに刺激されてくれれば…といったところでしょうか?
私は、絵が今までのマガジンにはない感じで、結構好き。だけど、ところどころ書き込みすぎててごちゃごちゃしているのが見苦しいかな。あと、無意味にポーズがかっこいい。なんでわざわざ決めポーズなんだよ!と突っ込みたくなる。
内容は…どうなんだろう? 面白いとは思うけど。お店に入ろうとする正太郎に、幾多の視線が突き刺さってきて、心臓の音しか聞こえなくなってるシーンが巧みだな~と思いました。使い古された手法なのに、なんか上手かった。
感想書きすぎちゃった…。

◎Over Drive
このマンガ、始まった当初、私はすごく好きでいつも一番に読んでたんですけど、なんとなーく中だるみがあってつまんなくなって、でも最近また面白いな~と思うようになりました。
レースが始まって、ミコトは何度もダメになって、でも何度も復活してくる。ありえないだろ!?の連続なんだけど、どんどん引き込まれていく。それがスポ根なのかも?と思い始める。
というのも、自転車に乗っているので、「これはスポーツだ」という認識が薄かったんです。私にとって、競技中に機械を使うものはスポーツじゃない!みたいな変な考えがあって、だからF1とかもスポーツではなかったんですよ。「なかった」ですから、もう過去の話ですけどね。最近では、飲んで歩くだけでダイエットできるというドリンクがあるぐらいなので、何をするにもスポーツだな、と思うようになりました。
今一番面白いスポーツマンガです☆
(実は私、『あひるの空』読んでません。これってどうなんでしょうね?)

◎クニミツの政
うちの母ちゃん、大当たり!!
最後の一票には、不破と坂上先生のふたりの名前が書かれていました。坂上先生は市長となっても地道に市民の声を聞くという方法は変えず、不破は次の選挙へ向けて進みだす。うちの母の「坂上先生は市長止まり、不破はここで負けても中央へ行ける人」という言葉が現実となったように感じました。母ちゃん、リスペクトです☆
今週のラストでは、クニミツが坂上先生からクビを言い渡されました。「“次は君の番だよ”と言って送り出す」という私の理想に近いフィナーレを迎えてくれるのでしょうか?
次号最終回、超期待です☆

◎魁!クロマティ高校
そうか! 電車男といえばネット! ネットといえばネット番長・藤本貴一!!
あ~~~!! この繋がりに全然気付けなかった!!

この流れで、そろそろバンチョーちゃんネタから脱出か!?

◎さよなら絶望先生
ん~…最近キレが悪くないですか? 毒も微妙だし。
先週はウェディングピーチの登場に笑いましたが。(当時マンガ読んでたんだよ…懐かしい…)

◎女子大生家庭教師濱中アイ
意外とちゃんと犬を描けててビックリした。(失礼です)
今週は、私の知らない言葉が出てきて意味わかんなかったですけど、おそらくそういう意味なんだろうな~と推測はできました。ひとつ大人になりました。

◎ぼくらの戦国白球伝
木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が登場。”サル”として有名な人物だけに、意外とあっさりした顔での登場に驚きを隠せませんでした。とりあえず「うきっ」って言ってましたけど。
このへんの時代、私には何年か前のNHK大河ドラマ『利家とまつ』の印象が強すぎるようです。いまだに織田信長は反町隆史氏に見えて仕方がない。
しかし、秀吉だけは香川照之さんよりも竹中直人さんのイメージのほうが強いんです。この方は96年の大河『秀吉』で秀吉役を演じられているんですけど、ちゃんと見た覚えもないのに何故か記憶に残っているという…。なので、余計にこのマンガの秀吉は可愛すぎるなぁ~と思っちゃうのでした。

☆読みきり☆史上最強の補欠 伝説の三軍! <後編>
のっけからケンカを始めちゃって、エンディングをどこに持ってくるつもりだろう?とヒヤヒヤしました。
最終的に「三軍チームができました」というところに着地したわけだけど、サッカーが描きたかったのか、ケンカが描きたかったのかわからなかったですね。いや、サッカーなんだと思うんですけど、不良たちがケンカをしているシーンと、不良たちがサッカーをしているシーン、同じくらい気合入ってたので。
だってサッカーが描きたかったなら、ケンカシーンはテキトーにみんなでボカスカやってりゃいいのに、わざわざ技名を叫ばせてまでケンカさせるんだもん。“この不良たちは恐い人たちです”というのをしっかり印象付けなければならないのかもしれないけど、必要のない大ゴマが目立ちました。
あと、やっっっぱりギャグのような涙が気になりました! もーちょっとどーにかならんのか!?

以上。
今週は金田一がなくて寂しい~…
[PR]
by chizuru-66-lun | 2005-10-28 18:51 | ☆週刊『少年マガジン』感想