マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『ぼくの地球を守って』全21巻(立ち読み)

『ぼく地球』全21巻を、11月29日に読破したことをご報告します。
途中いろいろあって全く読む暇のない時期があったため、何ヶ月にも渡って読むことになってしまいました。
そんなわけで、今となっちゃ、もうボヤーっとしか覚えてないんですが…(コラ)

当初の目的は”「ぼく地球症候群」を体感しよう”ということでした。
しかし、「ぼく地球症候群」というほど、自分の前世も月にあったのでは…と思ったりしなかったため、体感できなかった、というのが結果だと思います。
ただ、ハマったかどうかで考えると、正直ハマってたと思います。
最初のほうはとくに、どーなるの?どーなるの?という感じに、スラスラ読み進みましたし。
でも、コミックスで一気読みしないと無理かなと思います。リアルタイムで読むには、7年間でしたっけ? それはちょっと付き合ってられないと思います…

もうひとつ、”絵の変化を追う”という目的もありました。
1巻と21巻(最終巻)を見比べてみれば、誰にでも分かるほど絵が変化しているので、どこらへんで変わってきたのかな?というのを追うつもりでした…
しかし、気付いたら変化後になっていて、無意識に読み進めていました…
だからといって、遡ってまで調査しようという気も起こらなかったため、この目的も頓挫してしまいました。




全体的には面白いんだけど、話がでかすぎる…という印象を受けました。
前世でのキャラたちが背負ったものが大きすぎて、現世のキャラたちが大変すぎたと思います。
故郷である星が丸ごと無くなるということも、仲間たちが次々と死んでいくということも。
あまりにも大きすぎて、現世の高校生たちが背負うには無理があったのでは…

でもキャラクターは、前世も現世も良い感じでした。
とくに前世では、木蓮のキャラが良かったです。結構フザけたキャラで、面白みがあった。
というか、木蓮とモードの関係が素晴らしかったと思います!!
木蓮が月基地に行く前日(だったっけ?)のお別れのシーンは、ブックオフで本気泣きでした!!
ダメだ!涙出る! と思った瞬間には遅かったです…(笑)
現世では、一成くんが可愛かったです。途中、ものすごくフィーチャーされたりしたけど、それ過ぎると一気に影が薄くなったような気もしますが…(涙)
しかし、ちっちゃい子好きの私にとって、輪くんは微妙な存在でした。
ちっちゃい子は好きだけど、あそこまで悪さする子は嫌いなんだな…と気付きました。

なんだか、戦争について色々と書かれていたのに、やっぱり最後は当人たちの問題に帰っていくのかーと思うと、ちょっと悲しかったかも…
とりあえず、木蓮の歌のビデオ?がある限り、緑が絶えることは無いってのはとても平和的で良いのだけど、戦争とは関係ないよね。
仕方ないかなーとも思いますけど…もごもご

最後に、木蓮が大気となって戻ってきて、アリスにキチェスが現れるというのはステキ。
私は海になりたいと常々思っているので☆(何じゃそら)
[PR]
by chizuru-66-lun | 2005-12-20 22:12 | ☆マンガレビュ