マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『秘密 THE TOP SECRET』①(80分)②(85分)

2005年11月5日のマガジン感想の中で、個人的購入支持率100%として紹介した『秘密 THE TOP SECRET』(清水玲子/白泉社)の1、2巻を、昨年末、自分へのクリスマスプレゼントと称して購入しました!!

1巻はまだマシなんですが、2巻がものすごく分厚い!! 260ページ以上!!
でも買ってよかったデス…☆

秘密―トップ・シークレット (1)
清水 玲子 / 白泉社

秘密―トップ・シークレット (2)
清水 玲子 / 白泉社



2055年、アメリカ大統領暗殺事件が起き、その捜査にMRIスキャナーが初めて導入される。このMRI捜査は、脳をMRIスキャナーにかけ、その人物が生前に「見て」いた映像をスクリーンに映し出し、その映像から事件の手がかりを見つけるという方法で行なわれる。その後、MRI捜査は日本の警察にも取り入れられ、科学警察研究所法医第九研究室(通称「第九」)でのみ扱われるようになった。
「第九」に新しく配属された青木は、美しく、若々しい容貌の薪室長に出会うが、薪の冷静できつい性格に驚く。「第九」の仕事は主に、常軌を逸した殺人犯の脳を見続けることである。青木はその異常な脳の映像を見続けることで、自身も幻覚を見るようになるが、薪や他の捜査員の助けを借りて事件解決へと導いていく。


――というようなお話。
結構あっさりめに書きましたが、実際に読んでみると、もっと違った印象を受けること間違いなしデス!
ええ、まさに青木くんのように幻覚が…!!
…とまではいきませんが、ちょっと気分が悪くなったりしちゃうかも。
スプラッタ系が苦手な方はまず読めません。死体が出てくるので。
「人体の不思議展」みたいなのが好きな人にはオススメです☆

私は「人体の不思議展」はちょっと遠慮したい派なのですが、読めました。
でも、読後、頭の中にそーゆー絵が残るんですよ;
そうなると暗闇が怖くなってしまって…私は夜、電気を付けずに真っ暗で寝る人なんですが、闇の中で目を開けていると何かがボヤーンと見えてきそうで、必死で目を瞑って「早く眠れ、私!」とずっと唱えていました。(笑)
ホラーもスプラッタも怖いくせに見たがる私。
怖いのが楽しいというか…マンネリな日常にスリルを求めているんですかね?


で、このお話で最も重要なものが“MRIスキャナー”です。
「損傷のない脳をMRIスキャナーにかけ、生前と同じ状態に保ち、一定の電気刺激を与え、脳を120%働かせ」て、その脳の持ち主が「生前に「見て」いた映像をスクリーンに映し出す」(=再現する)ことができるという設定です。
清水先生が“理屈”をこねまわして考え出した方法なので、実際にこうしたらできるというわけじゃないと思います。できたとしたらスゴイ大問題になってると思いますので。

さて、「第九」の人たちはその方法で他人の脳――つまりは人生を覗き見していると言ってもいいでしょう。それが仕事です。
猟奇的なイカレた殺人犯の脳を見れば、死体の山が映し出され……
ドラッグに冒された脳を見れば、見えるはずのない幻覚までが映し出される……
しかもカメラで撮った映像とは違い、脳というフィルターを通し、無意識の修整を加えられた映像であるため、好きな人はより美しく見えていたりするのだ。
また、眠っている間に「見る」夢も再現することができます。

この作品を読むと、青木くんもそうだったように、誰しも「自分の脳を見られたら――」と思うでしょう。
私は思いました。そして、部屋の片付けをしました。(笑)
誰にも見られたくないものは押し入れの奥にしまって、一度も見ずに最低5年は生きる努力をしようと誓ったものです。(※MRIスキャナーにかけて再現できる映像は5年前のものまで)

さらにニュースを見ながら、こうも考えるのです。
「この被害者の脳を見れば絶対に犯人の顔がわかるのに…」
とくに通り魔的な犯行の場合に思うのです。

作中でも言われていることですが、実際にMRI捜査を行なうとなると、プライバシーの問題などがあり、容易に理解を得られるものではないと思います。
私だって見られたら嫌です。
「臓器提供意思表示カード」というものがありますが、これみたいに「MRI捜査における脳提供意思表示カード」みたいなものが存在するようになるのでしょうか?
でもこれで誰も“提供しない”という結果だったら意味ないですよね…
死人に口無し、とはよく言ったものです。
死んでしまってからでは、カードには“提供しない”と書いたけど、どうしてもこの犯人だけは捕まえてほしい!と思ったって、どうにもなりません。


日々の行いが正しければ……と思いましたが、皆がそうなればMRI捜査なんてしなくてもいいような平和な世界になるでしょうね。
警察は商売あがったりです。(商売?)
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-01-12 17:35 | ☆マンガレビュ