マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

雪組『ベルばら』観劇♪感激♪感想♪

宝塚歌劇雪組『ベルサイユのばら―オスカル編―』、3月17日(金)に観てきたんですが、感想が遅くなり、その間に大劇場での公演は終わってしまいました…(笑)
ものすごく流行を無視して自己満感想書きます。(東京公演はまだやってますけどね)

星組公演の感想同様、長くなったので<More>にしまっておきます。
暇だー、仕方ねーな…という方だけドウゾ☆




思い起こせば、チケットを取ったのはもう2ヶ月以上も前の1月7日でした。
あのときの「チケット獲ったるぞー!」という情熱は凄まじかったです。

たしか前々日の5日は友達と遊んでて、6日も遊ぼうと誘われたんです。
でも、7日が一般発売の日だったので、6日はできるだけ体力を使わないようにするため、その誘いを断ったほどです。(笑)

一般発売当日の7日は早起きして、携帯電話の前に一時間前から待機。
30分前になってようやく緊張しだす。
10分前になると手が震えだす。
5分前には慌ててトイレに駆け込む。

最初は全く電話が通じず、「ただ今たいへん混み合っています。しばらく待っておかけなおしください」というアナウンスばっかり聞いていました。
で、電話をあきらめて、イープラスの携帯サイトを狙うことに。
行ってみたら何回かクリックしたらS席の応募フォームに入れました。
「えっ?」と驚きながらも進んでいくと、10時12分、獲れちゃいました。

獲れた直後、放心状態。そして安堵。
すっかり他のプレイガイドでも獲ることを忘れていました。
30分ぐらいしてから思い出し、また電話やCNに。
でも全然ダメでした。もう繋がらない。
12時ごろにあきらめ、昼食を食べ、PCで宝塚のHPをチェック。
するとすでにチケット完売の文字が!! さすが『ベルばら』でした……。



あーもうすでに色々と書きすぎた……さっさと当日の話に行こう;;

朝、8時ごろに起床。
新聞を読んでいた母が、『ベルばら』の記事があると教えてくれる。
なんと『ベルばら』の通算観客動員数が400万人を超えそうだと!!
なんてメモリアルな日なんだーっ!!と興奮。
スキップで宝塚大劇場へ向かう。(嘘)



今回は13時公演なので、12時ごろに大劇場へ到着。
400万人関係のメモリアル商品とかないかなー?とキャトルレーヴへ行くが、何も無い。
まわりのお客様方もあんまり騒いでいる様子が無い。
デマだったのか…とちょっと落ち込む。

気を取り直してキャトルレーヴでお買い物。
パンフと『ル・サンク』と、『ベルサイユのばら特集本Ⅰ』を購入。

ベルサイユのばら特集本 (1)
阪急コミュニケーションズ

特集本はいきおいで買っちゃった……;;
Ⅱが5月下旬に出るようなので、また買っちゃうと思います……;;



12時20分ごろに改札前に行ってみた。
すると改札前に並ぶ黒山の人だかりが!
やっぱり何かあるんだー!と私も並んでみるが、だいぶ後ろの方……;
でも早い者勝ちってわけじゃないし! とにかく400万人目になればいいんだし!

しかし、その考えは甘かった……
噂によると、400万人目まであと8人だったらしいデス……;;
思いっきり早い者勝ちじゃん!!(笑)

そんなわけで、私が入場したときには400万人目の方がスタッフの方と話し合いをされていました。
おそらく個人情報保護法とのせいで、本人に承諾を得なきゃいけないんでしょうねぇ。
でも、待ってても何も始まらないから、混む前にトイレに行ってみた。
しかし、出てきたら改札正面のホールでセレモニーが!!(笑)
隙をつかれた!と思い、前のほうに割り込んでいく私。(←まったくオバサンやん!)
女性スタッフの方のお話の後、400万人目の女性(15歳)が登場し、くす玉を割る。
「ベルサイユのばら ご来場四〇〇万人達成!!」と書かれた垂れ幕とともに、風船と紙吹雪が☆
そしてデジカメやら写メのシャッター音が(笑)
もちろん私も写メをとりましたが、画像の悪さが災いして垂れ幕の文字が読めません;;



12時45分ごろ、セレモニーが終了し、座席へ。
夢のS席です。1階4列2番。
ぎゃーっ!! 下手の花道が手の届く位置に!! セリもすぐ近くに!!
銀橋もけっこう近いよーっ!!

右には、30歳前後の女性2人組み。
左には、40歳前後の女性。
前には、お婆ちゃんとその娘といった感じの2人組み。
後ろは…そういえば確認してません;; 女性の声はしてましたが。

女性ばっかりだったんですが、右の2人組みの女性の向こうに男性がいました。
やっぱり男性って、女性とは感覚が違うんですかね?
わけわかんないところで「ブハッ!」って笑うんですよ……;;
「えっ? 何でいま笑ったの?」って何回も気になってしまいました……;;



開演間近、オペラグラス(3倍)とタオルを用意し、準備万端。
ミラーボールが輝きだし、小公子・小公女たちが☆
しかも顔がよく見える!! ちょっと引きつった笑顔だ!!(笑)

舞台が近いと、こんなに見るものが変わるんだ…とビックリしました。
前回、星ベルばらを観劇したときは後ろのほうで、しかもオペラグラスがしょぼい倍率だったもんだからジェンヌさんの表情なんて全然わかんなかったんですよ。
だから、見るものは「物語の流れ」しか選択の余地はなかったんです。
でも、今回、オペラ無しでも表情がわかる位置にジェンヌさんたちが来るものだから、その表情とか、衣装とか、動きにばっかり目が行って、「物語の流れ」を見るのがおろそかになってしまいました;;



さて、朝海ひかるさんのオスカル(コムカル)ですが、
めっちゃかわいい~~~~~~~っ!!!
ものすごく華奢で、笑顔が可愛くて、そして儚げで……;;
なのに、声は意外と男前なんですよね!!
アンドレでなくとも守ってあげたくなるような、そんなオスカルでした!
ちょっとファンになりそう……;;

舞風りらさん(まぁちゃんさん)のロザリーは、ちょっと変態ちっく。(笑)
まぁちゃんさんが悪いんじゃないですが、ロザリーの捉え方が変な脚本でした……;;
でもダンスがお得意というだけあって、踊るロザリーは不思議だけどカッコよかったです。

アンドレは貴城けいさん(かしさん)☆
「かしげビブラート」なるものを聴くことができました(笑)
小公子・小公女のあとにいきなりアンドレが出てきて『心の白薔薇』を歌うんですが、「声が出にくいのかしら? それともつまってるの?」と思うぐらいのビブラートでした。
あれはすごいんだか、変なんだか、私には分かりませんでした;
アンドレ、まぁ似合ってたと思いましたが、ジェローデルのほうが似合いそうと思いました。
くそぅ。ジェロバージョンのほうが見たかった……;;

アランは水夏希さん(ちかちゃんさんと呼ばれるそうですが、私はミズさん派)☆
これはハマリ役ですよ!! めっちゃ悪そう!!(笑)
3月8日のめざましテレビの「トロと旅する」のコーナーでミズさんのオスカルを見ましたが、断然アランのほうが似合ってる!!(ものすごく褒めてます)
お顔も声もとんがってて、不良っぽい役が似合いそうだと思った私の目は間違ってなかったですわ☆

ジェローデルは壮一帆さんでした。
でも、あんまりジェロは下手側から見えやすい位置には出てこなくて、よくわかんなかったです。
あっ「受け取ってください、唯一の愛の証です。身を引きましょう」のシーンは良かった☆
単にあのシーンが好きなだけなんだけど…;

あとはですねぇ、アランのお母さんの役をされていた美穂圭子さんが個人的大ヒット!
なんか「お母さ~んっ!!」って抱きつきたくなるようなお母さんでした(笑)

それから、衛兵隊のジェロワール役の音月桂さん(キムさん)が素敵だった☆
衛兵隊の中で、唯一見分けがついたんですよ。
でも役名が分かんなかったので、台詞を覚えて、あとで『ル・サンク』で確かめました(笑)



さて、話題の「空飛ぶオスカル」ことペガサスの登場は…スゴかったデス。
ほんとにクレーンでした。クレーン車のアームの先がペガちゃんのお尻にくっついてるんです。
「動く動く」と聞いてましたが、動くのは翼だけで、しかも45度ぐらいしか羽ばたいてない。
足とかも動くのかなーと思ってたので、そこは残念でした。
でも、迫力はありましたよー。2階席のほうが楽しかったと思いますね。



それから、変態ちっくなロザリーの見せ場、「愛の幻想」のシーン。(笑)
タキシード仮面のような白い仮面をつけた偽オスカル様が何人も出てきて、ひとりだけいる本物オスカル様を求めて、さまよい踊るロザリー。
おかしいよ、ロザリー。そんなに好きなら間違えるなよ。
やっと本物のオスカル様を見つけたと思ったら、激しく踊りだすロザリー。
アナタそんな子だったの?; 理解できないよ! という感じでした。

原作では、オスカル様とロザリーの姉妹的な関係が大好きだった私。
「私の春風……」とロザリーのことを想うオスカル様が好きでした。
でも、雪ベルばらのロザリー像はちょっと嫌。
オスカル様のことを好きすぎて、ベルナールへの真実の愛が描かれていない!!
オスカル様への愛は実らないから、仕方なくベルナールのとこでも行くか…って感じなんだもん!
ふたりはちゃんと愛し合ったんだよーっ!!;;
ベルナールが原作以上にかわいそうだぁーっ!!;;



さて、いつも泣くシーン、アンドレとオスカルが死んでしまうバスティーユです。
が、今回はあんまり泣かなかった!!
「死ぬ」部分より、「シトワイヤン、いこうーっ!!」のとこで大泣き;;;
あそこ、ものすごく悲愴だよね…;; 儚い…;;
でも、闘っているあいだに涙がひいちゃうのがもったいない気がします。

その後は、天国のシーン。
ペガサスがひっぱるガラスの馬車で、アンドレがオスカルをお迎え☆
もうめっちゃ幸せそうなオスカルとアンドレ☆ かわい~☆



そんなわけで、この雪ベルばらは「オスカルの笑顔満開ベルばら」でした。
やたらオスカル様は笑顔なのです。出番多くて大変なのに。
でも、コムさんの笑顔は可愛くて、何でも許せてしまいます☆



フィナーレでは、『ベルばら』のテーマ曲が何曲も歌われました。
ピンクのお衣装はちょっとどうかと思ったんですが……;;
でも、薔薇の紳士?がいっぱい出てきて踊るとこはカッコよかった~☆
コムさんの髪形、衣装、どれも素敵~☆ やられた!



グランドフィナーレが終わると、どん帳が50センチぐらい降りてきて、止まって、上がっていきました。(笑)
そうそう、400万人目達成のセレモニーがまたあるんだよね。
ジャルジェ将軍か、ブイエ将軍か、ダグー大佐役をされた方(とにかくオッサン役;)が司会として挨拶をされた後、400万人目の方が舞台上に(!)登場!!
400万人目の方のインタビューのあと、まぁちゃんさんから花束の贈呈。
そのあと、記念品の目録がコムさんから渡される…と思ったら、なしで退場に。
あれ?と思ってたら、司会役の方が間違えて退場させてしまったみたいです(笑)
無事にコムさんから目録を渡され、何か一言声をかけてもらって、退場~☆

そういえば、記念品の中には、ヨーロッパツアーのペア招待券もあった(いいな~)んですが、それを発表したときのコムさんとかしさんが面白かった!!
「マジで? スゲ~! 知らなかったヨ~」てな感じで2人がはしゃいでたら、司会役の方に「騒がしい!」と怒られていました(笑)
こういう素の顔も見れて、ほんとに幸せでした~☆



はぁ……寂しいです。
また見たくて仕様が無いんです。
はまっちゃったかな?(テヘっ)←きっも~い!!
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-03-21 19:21 | ☆タカラヅカネタ