マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『桜蘭高校ホスト部』⑧ (80分)


桜蘭高校ホスト部 8 (8)
葉鳥 ビスコ / 白泉社

奥付では「4月10日」が初版となってますが、7日には購入していました。
たまたま本屋さんに行ったらあったので買ったのです。
でも感想は今日。
…買っただけで読んでませんでした;
理由は「アプリ版ドラクエⅡにはまってたから」(笑)
最近、ケイタイを買い替えて、やっとFOMAになったのが嬉しくて^^;
でも昨夜やっと全クリしたので読むことができました!



カバー表紙は「大正の香りのするハルヒとモリ」。
あれですか、『はいからさん』?の世界。
確実にモリはゲタ着用ですな。

オビはアニメ情報。
もう放送してるんだねー。
どのぐらいハイテンションなのかは気になります。




中表紙は「イマドキな不良?コスのモリ」。
きっと何も考えてらっしゃらないのだろうけど、ガンたれてます。



■一話目/校内きもだめし大会編
ハルヒ、双子が所属する1-Aで校内きもだめし大会をすることになるが、
クラス委員長・相賀くんは超絶こわがりだった。
でも思いを寄せるクラス副委員長の倉賀野さんにばれたくないため、
表立って反対できずに、害のなさそうなハルヒに相談。
ところが、それを双子に聞かれてしまい、おもちゃにされてしまう。
さらに、きもだめしの話を聞きつけた猫澤先輩率いる黒魔術部のみなさんが
こっそり悪ノリし、ハルヒ・双子・委員長は本気で恐がり、逃げ惑う中、
馨・委員長グループと光・ハルヒグループに分かれてしまう。
離れているのに馨の呼ぶ声が聞こえた光は、ハルヒにかまうことなく
馨の元へ助けに向かい、双子は互いの愛を確認(笑)という話。


光とハルヒがかなり接近しちゃったりして、いつも光ばっかりオイシーですね。
馨にもハルヒとラブラブさせてあげたいと思います。
…って、私がどうこうできる問題じゃないですね。
させてあげてください、葉鳥先生。



■二話目/環と鏡夜の出会い編
二人が出会ったのは、中等部3年の春のこと。
鏡夜は人の肩書きや家柄しか見ない(今よりさらに)冷血人間だった。
三男という立場に不条理を感じながらも、そんな本心を見せることはなかった。
そんな鏡夜が環と出会い、振り回され、自分のペースを乱されていく。
最後には、純粋な環の言葉によって鏡夜の心の氷が溶かされ、
S街道まっしぐらとなっていった、という話。


もうなんだか「よかったねー^^」と親心で見るしかないお話。
鏡夜大好きー☆なんで。



■三話目/極道の息子・笠野田くん(通称ボサノバくん/一部でカサノバくん)編前編
笠野田組3代目の跡取息子・笠野田律くんには悩みがあった。
生まれ持った目つきの悪さゆえ、完璧な極道の所作を教え込まれた笠野田くんは、
実は心優しい青年なのに、友達ができずに寂しい日々を送っていた。
そこで、同じように極悪の外見なのに人に慕われているモリを羨ましく思い、
弟子入りすることに決め、ホスト部にやってきたのだった。
ボサノバくん(一部でカサノバくん)と呼ばれることになり、双子を筆頭に改造計画開始。
しかし作戦はことごとく失敗する、という話。
ちなみに、今回のホスト部コステーマは「新選組」。


新選組コスは萌えます。大好きです。
和風美形で長髪なのが萌えポイントです。
あと、たしかに若い命を投げ出すという儚さもポイント高し、です。

けっこうモリが重要な役なのに、いつもと変わらず口数は少ない。
動かせないんですね、葉鳥先生…。



■四話目/極道の息子・笠野田くん(通称ボサノバくん/一部でカサノバくん)編中編
改造計画はことごとく失敗していたが、尊敬するモリが推薦するのだからと
ホスト部メンバーの悪ふざけを真面目に聞くボサノバくん。
そんなとき、モリに向かってバケツや卵が飛んでくるという怪奇現象が起こる。
ボサノバくんはそれは怪奇現象ではなく、誰かに狙われているのだと主張するが、
ホスト部メンバーはモリに限ってそんなことはありえないと聞き流す。
そこまで信じられているモリと自分の差に傷つき、飛び出したボサノバくんは、
追いかけてきたハルヒと話すうちにハルヒを可愛いと思い始める。
その後、怪奇現象はボサノバくんを狙ったものだということ、
ボサノバくんも舎弟から慕われているということも分かり、一件落着。
が、ボサノバくんはうっかりハルヒの生着替えを見てしまう、という話。


舎弟の鉄也さんがけっこうカッコいい。
普段のさわやかな雰囲気もいいけど、本性がでたとこもイイ☆
普通(?)ならここで、「鉄也×ボサノバ萌え」みたいになるんだろうなぁ…。(は?)



■五話目/極道の息子・笠野田くん(通称ボサノバくん/一部でカサノバくん)編後編
ハルヒが女だと知ってしまったボサノバくんは、ホスト部メンバーに脅されたりした後、
愛しいハルヒのために秘密は守ろうと決心する。
そしてハルヒに会うため、ホスト部に客として通い、ハルヒを指名し始める。
双子はそんなボサノバくんが気に入らないので、環を使って二人の仲を邪魔
しようとするが、環の”お父さん設定”が崩されるというハプニングが発生。
さらに、環のハルヒに対する愛情は無自覚のものだということが発覚。
ボサノバくんの恋は見事に散ってしまったが、ホスト部内はハニー・モリを除く
下級生組みのなかでどう進展していくのか…といった話。


殿、かーなーりっ意外でした! そんなにうとかったのか……。
でも、ハニー・モリコンビは本当に無関係なのか!?
ハニーくんは分からないけど、モリなんかは密かに…ってないの?;
もうモリについては考えたくない?葉鳥センセ。(笑)



■番外編/鳳家スタッフ橘誠三郎
鏡夜の第一使用人?SP?の橘さんの朝を追ったドキュメント漫画。(違)
最終的には鏡夜にアニメ化を宣伝させることが狙い。


素敵だなぁ…橘さん。
激渋い。
でも、鏡夜が下↓の「おまけ」ネタじゃないけど、いたたまれない……;;
ちょっと泣きそうになった。(笑)



■おまけ/EGOISTIC CLUV
チーム☆ハトリ内で地味に流行っている遊びについて紹介。
その名も「いたたまれない鏡夜を想像してかわいそがる遊び」。
巻末いちゃ絵は幼少ハルヒとお若いパパ。


めっちゃ胸の痛くなる遊びをされております。
想像すると泣けてきます。
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-04-11 16:50 | ☆マンガレビュ