マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ペガ子はどこへ行ったのか。

約3ヵ月ぶりに、私のMDウォークマンが「♪愛~それは~」と歌った。

今年の3月に大劇場に観に行って以来の『ベルばら』観劇。
あの頃、毎日欠かす事無く聴いていたメロディ。
再び聴きだすと、感動が甦り、興奮してきた。
思うことはひとつ――

「ペガ子に会える!」(笑)


そんなわけで、行ってきました。
雪組全国ツアー『ベルサイユのばら―オスカル編―』@梅田芸術劇場。
7月2日は、全ツとしては2日目、梅芸としても2日目にして最終日。
公演時間16:30開演のため、梅芸最終公演となります。


最初、チケットはとれませんでした。
電話もネットも完敗で、自分の運の無さを呪いました。
ところが、就活もせずにしつこく探していると、譲ってくださるという方を発見!
がばちょ!と飛び付き、見事ゲット☆

「一度ぐらい観てみたい」という母の願いを叶えてあげられました。
(でもチケ代を私の分まで出してくれた母よ、ありがとう笑)



梅田芸術劇場に到着したのは16:00ちょうどぐらい。
そのまま入場して、トイレに行く。
それから、ジュースとパンを買って、お席へ。
席番はS席1階14列39番(私)・40番(母)。
目の前が通路だったので人通りが激しいものの、窮屈な思いはせずに済みました。
本当に良いお席を譲っていただいて、大変感謝しております!
この場を借りて、再びお礼の言葉を述べさせていただきます。
ありがとうございました!
(絶対このブログのこと知らないと思うけど)



開演する前、母から衝撃的な一言を聞きました。

「で、今日はどんな話なん?」

マジですか!?(笑)
慌ててプログラムのあらすじを読ませました。
するとまた、驚きの発言が!

「ペガサスはどこに出てくんの?」

えぇ~~~っ! だからぁ、一幕の最後のぉ…
と説明しようとしたところ、我が目を疑う事実に気付かされました。

ペガ子の出番がない!!

…そう、持運びに適さなかったためか、ペガ子は全ツに付いてきていなかったのです。
おそらく、コムカル様が「私のものよ!」と乗り逃げしたに違いない!(笑)

くそぅっ! 今日の楽しみが無くなってしまった!(笑)
という冗談はさておき、でもこれじゃあ一部のタイトルが意味不明。
何が一体「愛の肖像」なのか……。
もっとちゃんと考えてくれよ。



そうこうするうち、開演時間に。
いつものごとく、可愛らしい小公子たちが歌いだします。
♪ごらんなさい、ごらんなさい…
…ん? あれ?
気付くと、ばらの少年の一人のろうそくに異変が。
なぜか火が灯っていないのです。
最初からなのかはわからないけど、それでも頑張って笑顔してました。
偉い!


相変わらずプロローグからフィナーレ状態の演出。
わかっちゃいるけど、終わってしまいそうになって不安になります。
何も知らない母は拍手のタイミングに戸惑う。(笑)


オスカルとアンドレの出会いの場面。
少年・少女時代を演じる方から、ミズさん(水夏希)・壮さん(壮一帆)に入れ替わります。
すると母は、「えっ今もしかして人かわった?」と混乱気味。(笑)
舞台より、母の反応を見ているほうが楽しいなんて……!(笑)



さて、ミズさんのオスカル(これもミズカルとか言うのかしら? “リズミカル”みたいだな笑)。
思っていた以上に良かったです。
ミズさんにはアランが最高のハマり役だと今でも思っていますが。
コムカル様よりだいぶ男らしいミズカル様。
かなり豪快で、妖精系ではないことは確か。(笑)
けなしてないよ。めっちゃ褒めてるよ。
どっちのオスカル様も素敵です☆


まぁちゃんさん(舞風りら)のロザリーはやっぱり変。
やっぱり妄想大爆発で、思考が全く読めません。
このロザリーだけは好きになれないなぁ……。


アンドレは壮さん。
大劇場で観たときはジェローデルを演じてらっしゃいました。
あんまり覚えてないんだけど。
たぶんミズさんより年下なんだよね?
だからかもしれないけど、オスカル様より年上には見えませんでした。
せいぜい同い年。(実際、年上といっても一つ違いなんだけど;)
というか、ミズさんに貫禄がありすぎるのかも。(笑)
じゃ、壮さんは悪くないね☆(笑)


大劇場で観たときと一緒で、やっぱりアランママのシモーヌが好き!
前は気付かなかったけど、グランドフィナーレでエトワールを務めてらっしゃるんですね。
堂々とした歌声とドレス姿も素敵でした!


でも今回いちばん気に入ったのは、ルイーズの穂月はるなさん(だと思う)。
たぶんあの声がでかいというキャラはルイーズだったと思う;;
今回のルイーズはやたら暴力的でした。
面会で旦那に会うなり、ひっぱたいたり、みぞおちに拳をきめたり……(笑)
全ツの爆笑ポイントは間違いなくここでしょう!


全体的には、なんかカミカミな感じだったと思います。
最低3回は「あれ?」ということがありました。
指摘するのは申し訳ないのでしませんが。
まだ始まったばかりなので仕方ないのかなー?



そろそろ泣き所の話でも。
もう3回目なので泣かんだろと思っていましたが、なんことはない、泣いちゃいました。
ようやく、アンドレの蜂の巣シーンでは泣かなくなったけど。
それよりも、その後のオスカル様の「行こう~っ!」が泣きポイントになりつつある。
ミズさんのオスカルのあのこらえ泣きの演技!
めっちゃ泣けたぁ~~~っ!!
そうなんだよ! 今まで観たオスカルたちは切り替えが早すぎるんだよ!
アンドレが死んだとき、オスカル様は「私を撃ってくれ~っ!」とまで取り乱したんだよ!
それほどアンドレの死にショックを受けていたんだよ!
その悲嘆にくれている状態のオスカル様を、ミズさんは完璧に演じてくださったと思います!
「泣こう」と思わなくても、自然と涙がこぼれました。


全国ツアーではペガ子にお目にかかれない代わりに、新しいシーンが追加されていました。
衛兵隊士たちが剣をお金にかえていたことが発覚する場面で、でも原作とはちょっと違っていました。
原作ではオスカル様が売られている剣を見つけてくるのですが、今回はブイエ将軍に見つかっていました。
でも、オスカル様が買い戻していて一件落着、みたいな感じ。
物語的には必要だったのかどうか微妙なところ。
丸くおさまりすぎだし。
それよりも、もうちょっとロザリーの出番を増やしてあげてほしいな、と思いました。
たとえ変なロザリーでも、娘役のトップなんだから。
ベルナールに嫁いでからの出番が少なすぎる気がします。

というか、オスカル編って内容薄いよね。
だからプロローグとかいって最初を派手にしたりするんだろうな。
逆に、アントワネットとフェルゼン編になると濃すぎる。
あれもこれもやらなきゃいけなくて大変そう。
観るほうはその分、お腹いっぱい大満足になれるんだけど。
今更になって、アントワネットとフェルゼン編のほうがお得だと気付きました。
次に観れるのは、何年後になるんだろう……。



最後はフィナーレのおはなし。
相変わらず悪趣味なピンク燕尾です。
さらに薔薇のタンゴの魅力もいまだわからずじまい。
で、フィナーレが寂しいなぁ…と思ってしまうのは、やっぱり階段のせいだと思う。
あの大階段ってやっぱり迫力あるし、名物だから、無いと寂しいんだなぁ。
そういう迫力の面では、全国ツアーは損していますね。


出演者全員が出揃い、さようなら~と手を振って緞帳がおりる。
鳴り止まない拍手。
しかし照明もつかない。
そのまま待っていると、再び緞帳があがる。
梅芸での最終公演だったため、ごあいさつがありました☆
「ありがとうございます」系のあいさつのあと、ミズさん、かましてくれました。

「明日は山梨で会いましょう!」(にっこり)

行けるわけね~だろっ!と会場中が笑いに包まれました☆
母はふつーに「えぇっ!?」とか言ってました。
そして再びジャジャーンと音楽が鳴って、緞帳がおりる。
しかしまたも鳴り止まない拍手が。
やっぱり照明もつきません。
今度はかなりためてから緞帳があがりました。
そこには苦笑をたたえたミズさんがひとり。(笑)
と、思ったら、上手から間違って登場しようとした(?)ジェンヌさんが!(笑)
私はうっかり見逃してしまったのですが、母曰く「手を引っ張られてひっこんでった」そうです。
私が見たのはいなくなったあとの影?だけ;;
面白ハプニングでした☆
で、二度目のミズさんのごあいさつは結構ふつう。
「皆さんの拍手を糧に頑張っていきます!」みたいな感じ。
それを聞いて、みんな大拍手。(笑)
こちらに手を振るミズさんを見ながら、拍手をしようか手を振ろうか悩む私。(笑)
手、振れば良かったなぁ……。(意気地なし;)
そして緞帳がおり切る直前、ミズさんがとったポーズはまさに「アタックチャンス!」(笑)
かわえかった……(笑)



終わってから、母があれこれつっこんでくれましたので箇条書きに。(笑)
・アンドレがオスカルを毒殺しようとした後、抱き合ったふたりは何故180度回転するのか?
・今宵一夜のキスシーン、何故あんなにうまく誤魔化せるのか?
・母の隣の席の小学生の少女はバスティーユが何かわかっているのか?
・流れ星を見つけたオスカルがアンドレを呼ぶと、すぐに現われる彼は聞き耳をたてていたのか?
・なぜオスカルの女装シーンがないのか?(私も母と同意見だけど、オスカル編では無くて当たり前だと思う)
・楽屋であのわっかのドレスはどれぐらい邪魔なのか?
・ラインダンスはどれぐらいしんどいのか?
・ミズさんは初めての主役なのか?(←これはあいさつのとき、非常に嬉しそうに見えたからそう思ったらしい)
…以上です。
私にわかるはずもないことまで聞かれても困るよ;(笑)



帰りに夕食を食べようと某レストランへ。
するとレジの横に色紙が一枚飾られていました。
誰のだろう?と思って見ると、「星組 八汐ゆう美」の文字。
おお~誰かわからんけどジェンヌさんだぁ♪(笑)
日付を見ると「6月18日」となっていたので、あまりに最近のことでビックリしました。(笑)
たぶん梅芸での『コパカバーナ』のあととかに来たんじゃないかな?
家に帰ってプログラムとかでお顔を確認してみたけど、やっぱりわかりませんでした;; ごめんなさい;;
興味のある方はどうぞ、阪急三番街で探してみてね☆
お店の名前は忘れちゃったので(笑)
たぶんハンバーグ料理がメインだったと思います!
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-07-03 21:37 | ☆タカラヅカネタ