マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

週刊『少年マガジン』39号

マガジンは最近始まった新連載陣が熱いと思うノロマレッドことチヅルです。
さっそく感想いっちゃいましょう。

今号のラインナップ
◎エリアの騎士
◎少年無宿シンクロウ
◎新約「巨人の星」 花形
◎スマッシュ!
◎ダイヤのA
◎トッキュー!!
◎FAIRY TAIL
◎未来町内会




◎エリアの騎士
最後のドリブル突破は「自分でもよくわからない」ときましたか。
まぁ妥当な線かもしれませんね。

そして夢は大きく「代表になってもう一度一緒にプレー」。
駆は一体どうしちゃったんでしょうか。
試合で二得点きめたおかげで自信がついちゃったんでしょうか。
でも駆が他の高校に行ってしまっては祐介くんの出番がなくなってしまうので、
代表話でもつくらなきゃもったいなさすぎるキャラでしょうね。


◎少年無宿シンクロウ
「一家に入れ」とはまた男前ですね、シンクロウ!
その気前の良さに心を許し始めていた小鉄を貫く刃。
蠍火一家を束ねていたのは小鉄でしたが、影でそれをあやつる人物がいた。
その名も、新八。
……メガネかけてツッコミいれてる人しか思い浮かばない名前。(笑)


◎新約「巨人の星」 花形
野球に対してすれ違った感情を抱いていた花形と黒沢。
しかし、互いの本気をぶつけ合い、小さな白球を通して分かり合えたと思ったのに。
黒沢のとった行動はあまりにもひねくれた愛情に満ちていて……。
花形と天野の成功を願い、信じ、己を犠牲にしようとする黒沢。
完全に野球部がなくなれば、花形と天野がこだわりつづける野球部がなくなれば、
ふたりはもっと輝かしい舞台に進むことができる。

本当にこのまま野球部がなくなってしまうのでしょうか……。
まだ連載始まって数回なのに、この怒涛の展開には舌を巻きます。


◎スマッシュ!
とうとう翔太も東城第二に行く決意をする。
しかし美羽ちゃんは複雑ですね。
自分が誘ったときは行かないと言ったくせに、
亜南が優飛をエサにした途端に行くと言い出すなんて。
しかも美羽ちゃんの気持ちはそっちのけで、
翔太v優飛、亜南v美羽の構図に持っていこうとする作者。非道だ。(笑)


◎ダイヤのA
沢村を中心として次第にまとまっていく一年生チーム。
それをいつものように冷めた瞳で、しかしどこか寂しそうな瞳で眺める降谷。
ワンマンプレーでチームを崩壊へと導いてしまったかつての自分と比べるように……。
いつか沢村はその降谷の閉じた心まで暖かく溶かしていくんでしょうねぇ。

あとは小湊春市くんがファインプレーをしたときの兄らしき人物の反応も気になるところ。
この2人の間にも何らかの溝なりなんなりがあること確実ですね。


◎トッキュー!!
メグルのこと、あんまり好きじゃないんだけど、なんか泣けてきたよ。
おばあちゃんがいい味出してる。


◎FAIRY TAIL
ははぁ。召喚魔法としてプルーが登場するのですね。
しかもやはり無理のある犬設定。
ナツの「ドンマイ」にも納得。


◎未来町内会
あいかわらずベンチで頭抱えるオチ。
しかし、こんだけの人数が座れるベンチもすごい。(笑)

のなー先生、今回は目次ページのコメントも頑張るとのこと。
なんだろう、この意欲の違いは。
明らかに人気が出なさそうだから媚びとこうかな…ってこと?(笑)


以上。
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-08-31 17:51 | ☆週刊『少年マガジン』感想