マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『4ジゲン』1巻 (80分)


4ジゲン 1 (1)
にざかな / 白泉社

『桜蘭高校ホスト部』9巻を購入した際、一緒に購入。
「どっかでまたにざかなさんが復活している」という話を
聞いたような聞かなかったような曖昧な記憶はありました。
でも話半分にしか聞いていなかったので、
コミックスを見つけて、その記憶を思い出した、という感じです;;

とりあえず、にざかなさん復活おめでとうございます!



カバー見たとき、もうめっちゃうれしかったです。
かなさんの絵はすごく可愛くて大好きなので!!
「この子が主人公!? うっそ! やっぱ可愛い!」てな感じで手に取り、
まずタイトルが読めず、「ニンゲン」と読んでしまいました。(笑)
そして次は黒板の落書きを「ノゲイラ」と読んでしまいました。(笑)
「どんなマンガなんや…!」と勝手に高まる期待を胸に、レジへ……。

家に帰ってよくよく見ると、タイトルも落書きも「4ジゲン」だと気付き、
透明な宇宙人が…何て言うのかな…デコボコ印刷されてることにも気付きました。
ちなみに、「4ジゲン」は「四次元」ではなく「4時限」なんですね。

というか、オビも嬉しかったです。葉鳥先生ですものね。
『ホスト部』5巻のFAXゲストでかなさんが双子を描いてらして、
ほんとに私も「帰ってこいよー;;」と思っていたのですが。





『B.B.Joker』のときも楽しみだった本体裏表紙マンガ。
一番に確認しました。(笑)
「回転」のあたりから不思議な笑いがこみ上げてきました。



さて、どうやって感想書いたらいいかわからないので、キャラ別に。

■主人公?:藤嶋隼人
表紙見たときから可愛くて、カッコよくて好きです!
てか、『B.B.』ほど美少年系キャラがいるわけではないので、
この子が目立ってしょうがないと思うのですが……;;
もっとも一般的で、もっともかわいそうな、巻き込まれ系キャラと見た。
好きなネタ:再出発 (いきなりから笑った)

■委員長:明智律子
なんでこんなに物忘れが激しいんだかわからない委員長。
そして眼鏡の下に隠れた瞳が気になる委員長。
好きなネタ:日課of委員長 (何故そこまで深く考える必要があるのか…)

■大人の女:一ノ瀬あやめ
結構好き。エロスなんだけど、一昔前な雰囲気が乙。
好きなネタ:大人の時間・よっちゃんイカ (私も気になってました)

■あやめに魅了された男:相原正
最初見たとき『B.B.』に登場する秘密結社のボスかと思いました。
よく見たら全然違うし。全然カタギの人っぽいし。
好きなネタ:大人の時間・ボーロ (食べたのかよ……)

■恋をする人:三ツ谷里美
恋をするとなんか考えすぎちゃうよね…というのを超越した乙女。
はじめは手紙を書いたりして文系っぽい雰囲気だったが、
そのうちつけまわしだし、体育会系の本性をあらわし始める乙女。
好きなネタ:恋をする人・中指と人差し指 (キモイから)

■ヤクザな男:海堂達也
こっちこそ『B.B.』に登場する秘密結社のボスに近い存在。
でも海堂さんはヤクザから足を洗おうと、高校に通っている。
何が目的なのか…そこが気になるところ。
好きなネタ:色メガネの男 (びっくりしすぎだけど、わからんでもない)

■スケッチする少年:野宮伸
かなり好き。初登場から笑った。
とにかく想像力豊かで、人を恐がらせ、さらには自分でもビビる。
情緒不安定なキャラ設定が良い感じ。(いや、定まってないだけか…?)
死んだような目をしてるところや、全体的に白い感じとかが
『デスノート』の二アっぽいと思うのは私だけかしら?
好きなネタ:たそがれスケッチ (こえー! マジこえー!)

■黒髪サド教師:柏木一文
さらっと恐いことを言ってのける万能教師。
彼の手にかかれば、ヤクザもんも冷や汗たらたらに。
ちょっと恥ずかしいミスをおかしても、その表情は1ミリも変わらない。
恐い。けど、好き。
好きなネタ:ばくにょう (お願いですから消させてください……)

■白髪ストイック教師:桐島昌人
いっちゃん好きなキャラ。
出てくるたびに私のハートをがっちり掴みます。
こんな先生に数学を教えてもらったら、ドキドキしすぎて困っちゃうなぁ。(死)
ちなみに私は、「信じられるもの」で登場した数の位の大きい方、
”一十百千万億兆京垓ジョ穣溝潤正載極恒河沙阿僧祇那由他不可思議無量数”
を、浦島太郎の歌にのせて歌うことができます。
好きなネタ:ふしだら (先生、私ふしだらでスミマセン……)

■いい加減なことばかり教える女:石田恵
いい加減すぎてもう意味不明です。
笑おうかどうしようか悩んでしまいます。
宇宙人のことを気にいっているのか、はたまた気に入られているのか、
常に行動を共にし、知識を与え、周りの人々の行動をためらわせていく女。
好きなネタ:約束させてよ (針一本がもっともリアルで恐い)

■地球外生命体:宇宙人
可愛いんだかどうだか、イマイチ謎な生命体。
口がないせいか表情が読み取れず、それがかつてない恐怖を生み出します。
好きなネタ:解放させてよ (なるか?)


他にも気になる生徒さんがたくさん。

出だしのカラーページで、柏木先生が「気にしない様に!」と言っているのに、
ハインリッヒ黒沢さんが気になって仕方ないんですが、どうしたらいいでしょう……。

校長ネタはBL臭におうネタが定着しそうでキモイ。

死にかけさんには笑っちゃいけない空気が漂っていると思う。

写真部のふたりには静かな、そして空しげな笑いが。

大袈裟くんはもうちょっと活躍して欲しいです。



全体的に先生ネタが多いため、人気もそこに集中しそう。
私は数学教師の桐島先生にメロメロですが。


そしてやはり夜中に読むとヤバイみたいで、困りました。
家族が寝静まった深夜2時。
娘の部屋から奇妙なこらえ笑いが…くっくっく……。



なんか今までにないほど作者たちは仲悪いみたいですが、
読者にはそんなこと関係なかったりするわけです。
面白けりゃいい。そういう世界だと思います。
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-09-12 18:28 | ☆マンガレビュ