マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

週刊『少年ジャンプ』44号

『DEATH NOTE』のアニメが3日の深夜から始まってるようだけど、
田舎な私の町ではまだ見れない。
調べてみると、どうやら16日か17日かららしい。
はっきりとはわからん。

今号のラインナップ
☆新連載☆HAND’S
◎アイシールド21
◎家庭教師ヒットマンREBORN!
◎テニスの王子様
◎NARUTO―ナルト―
◎P2-let’s Play Pingpong!-
◎ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
◎ONE PIECE





☆新連載☆HAND’S
・ハンドボール元日本代表の橘十蔵を父にもつ橘大吾(小学5年生)は、
 金にだらしのない十蔵が逃げたせいで、借金取りに追われることになる。
 大吾は父が残した書き置きの地図を頼りに、借金取りに追われながらそこへ向かう。
 そこは父の友人で、小学生ハンドボーラーの育成に力を入れている西岡誠一郎の家で、
 誠一郎によると、十蔵は通称「天空の支配者」と呼ばれるほどの名選手だったと言う。
 誠一郎の娘・ミズキは、父に言われて大吾を迎えに行くハメになってしまうが、
 大吾と借金取りの攻防に巻き込まれ、大吾を生理的に受け付けなくなってしまう。
 しかも大吾はハンドボールのことを全く知らない素人だった。


ハンドボールマンガの登場に、少なからずびっくりした。
ジャンプはアメフトとか、微妙なところをつくのが好きですネ。
ありきたりなスポーツマンガはすでに数々の名作を作ってしまったから?

さて、『HAND’S』。コレ、私は好きだな~^^
最初は「また目つきの悪いキャラが出てきたな~」と嫌な感じだったけど、
大吾の破天荒なキャラは面白いし、お話のテンポも良くて読みやすかった!
小学生が主人公っていうのも久しぶりだし、思いっきりはっちゃけて欲しいなぁ。


◎アイシールド21
・試合を終えたリクのもとに進が訪ねてきて、「ロデオドライブの走法を知りたい」と言う。
 進は、ロデオドライブとスピアタックルを合わせた、
 トライデント(三叉槍)タックルを完成させるつもりだった。
 敵とは知りつつも、「最強の進さんが見たい」という思いで、リクはアドバイスを与える。
 それを知ったセナは「最強の進さんに勝ちたい」という思いが溢れてくる。
 そして、すぐその後に行なわれた王城ホワイトナイツVS茶土ストロングゴーレム戦で、
 進は早速トライデントタックルを使ってみせるのだった。


進…強すぎ。
臆面もなく「教えて」と言える神経からして強すぎ。
ヘタな実力者ならプライドが邪魔してそんなことは言えない。
だけど教えるほうもすごいわ。
どちらも、私には理解はできても、実践はできない行動だと思う。


◎家庭教師ヒットマンREBORN!
・やはりマーモンはアルコバレーノの一員で、藍色のおしゃぶりのバイパーだった。
なんかすでにアルコバレーノって何だっけという状態のチヅル。(死ね)
しかも呪いがどーとか言ってるのもよく分からん。
う~ん…呪いのせいで赤ちゃんの姿から成長できないとか?
それで呪いが解けたらめっちゃイケメンになったり…。(笑)
もしそうなっても、ふざけんなと言いたいが。(笑)

・クロームは幻術返しされ、倒れてしまう。
 そして武器を破壊されたクロームは、骸に許しを請い始め、真実が明らかになる。
 クロームの本名は凪で、凪は重傷を負って入院していた。
 そして凪は、彼女の意識の中に現れた骸に必要とされ、
 重症の体を幻術で補う代わりに、骸に体を貸していたのだった。

クロームは骸の何なのかよくわからなかったけど、全くの他人だったわけですな。
しかも「クローム髑髏」とかいうフザけた名前も本名じゃないと分かってちょっと安心。(笑)
凪は自分を必要としてくれた骸のために、骸の願いを叶えたかったんだろうけど、
何で骸がツナの仲間?になろうとしてるのかはいまだによく分からない。

・そして倒れていたクロームの瞳が開くと、そこには「六」の字が……。
これで骸が完全復活っぽい。
何で最初から自分でやらなかったのかは謎。


◎テニスの王子様
・三種の返し球(トリプルカウンター)を試合中に進化させる不二。
 “つばめ返し”は“鳳凰返し”に、“羆落とし”は“麒麟落とし”に、“白鯨”は“白龍”に。
 そして、不二は第五の返し球(ファイナルカウンター)を思いついたと、
 とってもかっこよく宣言するのだった!


つばめが鳳凰になるのは鳥つながりで辛うじて納得できるけど、
羆→麒麟、鯨→龍のふたつはあんまり納得できない!(笑)
そして私的には「第四の返し球はどこへ?」って思ってしまったので、自分で調べてみた。
「蜉蝣包み」だそうだけど、これはもう進化しないの?
まぁ、虫だしね。神に昇華させるには無理があったのかもね。


◎NARUTO―ナルト―
・飛段の術を見破ったシカマルの助けを借り、アスマは“呪い”から逃れる。
 そして、飛段の首をはねるが、“死なない男”飛段は生首でも生きていた。


アスマ隊長が飛段の首をはねたシーンは、少年誌的にOKだったんだろうか;;
以前、『HUNTER×HUNTER』ではすごい修正が入ってことが記憶に新しいけど。
なんか味付け海苔をぺたっと貼ったみたいな修正が。(笑)
死んでないからOK…とか? …微妙な線引きだ。
(つか、『HUNTER×HUNTER』はいつ帰ってくるんだ……)


◎P2-let’s Play Pingpong!-
・本格的に部活動が始まり、ヒロムは他の一年生たちと顔を合わせる。
 そのヒロムのもとへ眞白裕也という実力者が近づいてきて、何となく仲良くなる。

裏表のない奴だといいな、眞白くん。

・練習はランニングから始まる。
 ランニングコースの最後で上級生がスパートをかけるので、一年生も追いかけるが、
 何故か追いつくことができず、3台しかない卓球台を上級生に占領されてしまう。
 その後、先輩達が裏道である山道を使っていることが分かり、
 一年生もそこを走ってみるが、急な階段のせいで全員が脱落してしまう。
 部長の川末は、「お前らにはまだ無理だ」と言い張るが、
 ヒロムはとりあえず頑張ってみようと闘志を燃やし始める。

もともと体力ないのに、どうやって頑張るんだか。


◎ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
・ペイジの最後の力を振り絞り、悪魔長はイサビと激突する。
 そして激しく地面が陥没したそこには、負けを認めるイサビの姿があった。
 しかし、悪魔長が同調を最小限に留めたにもかかわらず、ペイジはすでに虫の息だった。
 ヨイチは悲しむが、すぐに復活したイサビが治療をしてくれると知り、喜ぶ。

爽やかになったイサビもやっぱり可愛いvV(笑)
どっちでもOKだけど、男なのか女なのか早く知りたい……。

・一方、梅吉たちは、リオを背負う今井を発見する。
ん~でも、そんな簡単にはいかないような予感がしてならないぃ~~~;;


◎ONE PIECE
・迎えに来たメリー号に飛び乗った麦わら一味だったが、軍艦に囲まれてしまう。
 ところが、サンジがこっそり“正義の門”を閉めに行っていたおかげで渦潮ができ、
 ナミがその海流をしっかりと読んだおかげで、麦わら一味は見事に逃げおおせる。


おぉーーーーーっっっ!! サンジすげーーーーーっっ!!
一体どこに行ったんかと思ってたら、裏工作しに行ってたんか!!
さすがサンジやね! ゾロとは違って、頭使える人やね!(笑)

ところで、もしかしてこのままフランキーが仲間に?
たしか船大工を求めてあの島に行ったはず。
で、最初はパウリーが仲間になるのかと思ってたけど、あんま活躍なくて(笑)、
よく考えたらフランキーでもOKなわけで。
普通に馴染んでるし、ナミさんに使われてるし。(笑)
でもフランキー一家の仲間がいるしなぁ……どうなるんやろ?


以上。
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-10-04 18:44 | ☆週刊『少年ジャンプ』感想