マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』

先週、最終回を迎えました。
ずっと見てました。面白かった。

なにやらラストの二ヶ月ぐらいはあの『冬ソナ』を凌ぐ
視聴率をたたき出していたとかどうとか聞きました。

その視聴者層は主に

中高年だとか。(笑)



ええ、私は精神的には中高年ですよ。

中学生のとき、精神年齢診断をしたら
37歳でしたよ。

もう立派な中年です。







チャングム自身はそんなに好きでもなかった。
良い子すぎて私もいじめたくなった。

でもチェ尚官やクミョンを応援する気持ちは無かった。

ただひたすら、ミン・ジョンホ様を応援してた!(笑)

彼をチャングムと幸せにしてあげたくて。
「そこで抱きしめちゃえよー」とか、
「なんで好きやって言わへんねんー」とか。(応援か?)

なんていうか、全体に流れる禁欲的な雰囲気が
今時のドラマにない面白さを生み出していた。

さらに韓国の宮廷のお話ということで
物珍しさもあり、どんどん惹き込まれた。



やっぱり面白いね、文化の違いって。

衣装も勿論だし、言葉の響きとかも。

で、よく気になったのが王様に拝謁するとき。
王様が座ってて、拝謁する人が立っている。
日本だったら、王様の顔を見ちゃいけないと思って
座って頭を低くして拝謁すると思う。
それに拝謁する人が立ってたら、
王様が見上げなきゃいけないから首が痛くなるんじゃ?と。

いつもそれが面白いなーと思って見てた。




その王様、最後にはなんと
チャングムとミン・ジョンホ様との間に割り込み!

これには困った。

だってそれまではホントに王様いい人だったから。
まさか無理矢理チャングムを手に入れようと思うなんて。

最後にはホントにいい人に戻ってて、
その粋な計らいには感動させられたけど。





あとはやっぱり、ハン尚官様が素敵だったなぁ。

彼女が物語の途中でいなくなるなんて思わなかった!

当初の予定よりかなり長く登場したらしいけど、
それでもすっごくすっごくショックだった。

チャングムの母とハン尚官様が友達だとわかり、
ハン尚官様もチャングムの素性を知って2人が抱き合うシーン。
あそこの2人はホントに幸せそうだった。

だからこそ、余計に、ハン尚官様の死は感動的だったんだなぁ。




そして忘れちゃならないのが、トックおじさん。

…今さら気付いたけど、おばさんはなんて名前なんだ?;
おじさんはいつも「トックおじさん」って呼ばれてるけど、
おばさんは何で名前を呼んでもらえないんだ?;

まぁとにかくこの2人は面白かった。
すごくいいスパイスになってた。

彼らの夫婦漫才のようなボケっぷりがなけりゃ
あんなに面白いドラマには絶対なってなかった。

でも、何かの韓国映画でトックおじさんを見つけたとき、
真面目な役なのにどうしても笑ってしまった;;
いや、でもそんなに真面目な役でもなかったかも。
ま、いいか。





それにしても、困難の多いドラマだったなぁ。

波乱万丈すぎるよ。

そしてチャングムが真っ直ぐで健気すぎるよ。

でもだからこそ面白かったんだと思うけど。






ちなみに、土曜の19時半からやっている
アニメ『少女チャングムの夢』も見ていたりして。

でもこれはうっかり忘れることが多いので
毎回見れるわけじゃないから話が飛び飛び。
でも話の繋がりがわからなくても楽しめる。

しかし…どうしてもミン・ジョンホ様がロリコンにしか見えない;;

そしてチャン・スロ様のバカさ加減が素敵☆(笑)

こっちはいつ、どうやって終わるつもりなのか、楽しみデス。
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-11-21 16:08 | ☆雑記