マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

週刊『少年マガジン』12号

お久しぶりです。
卒業旅行っぽいものに行ってましたです。
“っぽい”っていうのは、卒業が関係のない人も混ざってたからです。(笑)

そんなわけで先週の週マガ感想。
ちなみに、今週のWJ・週マガ全然読んでません;;


<今号のラインナップ>
◎エア・ギア
◎エリアの騎士
◎金田一少年の事件簿 ―雪霊伝説殺人事件―
◎GetBackers―奪還屋― 最終回
◎ダイヤのA
◎ツバサ
◎ハンマーセッション!
◎FAIRY TAIL




◎エア・ギア
伏線を忘れたらコミックスを読め!と宣伝。
正しい。
私は完全に忘れている。
もう正直ついていけてない。(えー)


◎エリアの騎士
おー近藤先生は顧問になるのか。
賢明な判断だ。


◎金田一少年の事件簿 ―雪霊伝説殺人事件―
ミッシング・リンクは過去の遭難事件。
助かった4人の男女(堂崎兄弟、瀬倉未沙、鱒井渉と思われる)と、助からなかった写真家の女性・神城唯夏。
神城唯夏は軽装だったために助からなかったとあるが、これは元から軽装だったというよりも、助かった4人に身包みをはがれたって感じかもしれない。ただ、たかが一人ぶんの身包みをはいだところで助かるものなのか?という疑問もあるからよくわからない。
また、耶麻田さんが元新聞記者だったとわかったことで、写真家である神城唯夏と何らかの繋がりがあったかもしれないとも考えられる。

存在した堂崎兄弟。
とうとう二人揃って登場してしまった堂崎兄弟。(ただし、一志は死亡)
これで、ハジメちゃんも指摘した堂崎兄弟を一人二役で演じていたという説がなくなった。また、ハジメちゃんは指摘しなかったけれど、黒沼と堂崎兄弟を二人三役で演じていたという説もなくなった。
でも、実際に堂崎兄弟が顔を合わせたのはこれが最初ということになるので、今回、次生が帰ってくるまでは本当に一人二役、ないしは二人三役が行なわれていたのかもしれないとも思う。


◎GetBackers―奪還屋― 最終回
週マガ連載の中で二番目に古株だった『奪還屋』が最終回。
感慨深いものも無きにしも非ず。

でもなんだかさっぱりしないラストだったかも。
なんだかんだで主人公は蛮ちゃんのほうだったのか…と思った。
2人で1つとか言ってるくせに!とか思っちゃったんだもん。

あと、特に好きなキャラが存在しなかったことも、
最終回なのにあんまり楽しめなかった原因なのかも。
キャラの掘り下げがなかったとは思わない。むしろ濃かったと思う。
ただ、連載が長すぎたのだと思う。
一人一人に物語がありすぎて、そしてキャラが多すぎたせいで。
人間の人生って、たしかに短いマンガで表せるほど簡単なものではないけれども、でもマンガだからこそ省略して、取捨選択をきっちりして届けてほしいと思う。

長期連載お疲れ様でした!
今度はもうちょっと短い作品でお会いしたいものです!


◎ダイヤのA
本当に、帽子とったら誰だかわかりません、御幸くん。
でも野球選手って皆そんなもんだと思う。


◎ツバサ
機械人形(オートマタ)。
何だろー?とまたわからなかったのでググったらば、
『エンジェリックレイヤー』なる作品のキャラではないかとのこと。
一応”ヒカル”繋がりって感じなのかー。
うーん…やっぱり本物の『レイアース』キャラの登場を期待してただけに、
ちょっと残念だなぁ…と思ってしまうー。


◎ハンマーセッション!
いきなり、犯罪者という考えに至る水城先生すごい。
そんなふうに考えるものなのかなー。


◎FAIRY TAIL
村長の色、紫なんですね。
緑じゃなくて本当に良かったです。


以上。
[PR]
by chizuru-66-lun | 2007-03-01 16:59 | ☆週刊『少年マガジン』感想