マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー

<   2006年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

fortunetelling.

さっき<オーラ診断>をやった流れで、
ちょっと前にTBされてた<BLEACH占い>と<デスノート占い>をやってみました。


<BLEACH占い>

チヅルさんは志波 岩鷲です!

● 志波 岩鷲さんのあなたは、少々無理なことでも、意地と気力で乗り切ってしまえる人です。そんなパワーを持っていることを自覚しているのでしょう。また、素朴な雰囲気とは裏腹に、実は結構頑固者。柔軟な考え方をしそうに見えて、自分の考えをしっかりと確立しています。しかも情や一時的な感情に流されない、非常に理論的な考え方です。客観性や論理性など、ビジネスで有用な能力を持つあなたは、大物の風格さえあります。しかし、あなたは嫌いになった人にはとことん意地悪で、周りから「そこまでやるか?」とまで思われているかも知れません。でも、何かがきっかけで嫌いになった人とものすごく仲良くなれるかもしれません。きっかけが大切です。

● チヅルさんを見守る神様は、パチンコの神様です。


…誰かと思いました。ガンジュですね。漢字で書かないでヨ!
そして、誰かと分からなければよかった…とショックを受けました……。


<デスノート占い>

チヅル『貴方の名前は南空 ナオミですね?』

● 南空 ナオミさんは自分の気持ちに正直で、自由奔放な生き方を好むタイプです。フィーリングと直感で行動しますから、周囲の意見や世間一般の常識にとらわれない、とても個性的な人だと言えるでしょう。自分なりのポリシーを持つあなたは美的センスにも優れていますから、メイクやファッションに光るものがありアピール上手です。ただそれは、寂しさの裏返しだとも言えそうです。周囲から注目されたいために自分の個性を押し出して生きているあなたは、心のどこかで注目されなくなったときの孤独を恐れています。そんな孤独を恐れて、一途すぎる恋愛を繰り返してしまうことも。自分の心と真摯に向き合うことが、幸せを掴むポイントになるでしょう。

● チヅルさんは一生のあいだに、30人の異性を好きになります。


あんまりどーでもいいキャラですね……。
やっぱり、リュークとか言われたかったな。(笑)
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-06-07 18:53 | ☆徒然マンガネタ

Aura!!

チャイチャイがやってて、面白そうだったので私もやってみました。
<オーラ診断>


あなたのオーラは青色

●今のあなたは…愛情、平和、精神的、伝達
他人への愛の思いで溢れています。人を勇気づけ前へ進ませる、そんな力が強く現れています。友達の相談相手にはぴったりです。ですが、無意識のうちに相手を気づかい過ぎてしまい自分のことがおろそかになってしまう場合がありますので注意が必要です。恋人のいる人は自分の気持ちを素直に伝えるチャンスです。

●青色オーラの特徴
青いオーラは、優しさと奉仕のエネルギー、愛と平和への願いを示すオーラ色です。思いやりと優しさに溢れた人なら、この色のオーラをもっているはず。理想を忘れない人に多いオーラです。理論よりも感情や直感を信じ、仁義に厚い反面、人に気を使いすぎエネルギーを消耗してしまい閉鎖的な気持ちに陥ってしまわない様、過度な自己犠牲は禁物です。

●あなたの長所
熟考、反省、思いやり、やさしさ

●あなたの短所
気分が落ち込みやすい、独善的、閉鎖的

●あなたの適職
管理職、会計士、主婦、カウンセラー、牧師、教師、ボランティア、 看護婦、秘書、ソーシャルワーカー、尼僧、セミナースピーカー、通訳

●相性の良いオーラ色
緑色・橙色


自分ではちょっと当たってるなぁ…と思いました。
それにしても、適職に牧師とか尼僧とかあって笑いました。
俗世とのかかわりを捨てられない欲まみれの人間なので、きっと無理だと思います。(笑)
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-06-07 18:11 | ☆雑記
今さら気付きましたが、『デスノ』の試写会ハズレてますね、私。
応募するだけして、いつ試写会か全然気にしてませんでした。
気を取り直して、感想いきます。

今号のラインナップ
◎アイシールド21
◎家庭教師ヒットマンREBORN!
◎銀魂
◎D.Gray-man 連載再開
◎BLEACH
◎魔人探偵脳噛ネウロ
◎みえるひと
◎ONE PIECE

≪以下ネタバレ≫
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-06-07 17:26 | ☆週刊『少年ジャンプ』感想

The Last Supper Code?

そういえば、先週の土曜日は『ダ・ヴィンチ・コード』を見ました。
人気作だし、休日だしで、人がてんこ盛りでした。
上映時間の1時間半前にチケットを買いに行ったのに、残席わずか。
でもその時間しか都合つかなかったので、前から2列目で鑑賞。

スクリーンが近すぎて、でかすぎて、どこを見ればいいやらわからない……;;
字幕版で見たのですが、字もでかい。
無駄に圧倒されました。


原作は読んでいません。
面白そうだなぁと思いながらも、あの分厚さに負けて読んでません。
文庫版が出たときさえ、上・中・下巻もあるのに尻込み……。

でも予習無しで観に行くのは無謀かな…と思い、
テレビでやってた「『ダ・ヴィンチ・コード』特集」みたいなのを見ておきました。
米倉涼子さんとか、荒俣先生とかが出てたやつです。
まぁ、話半分にしか聞いてなかったような気がしますが……;;

でも実際、特集番組を見ておいて良かったな…と思いました。
キリスト教とかに興味がない人が観たら、分からないんじゃないかと……。
タイトルは『ダ・ヴィンチ・コード』ですが、実のところダ・ヴィンチはそんなに関係ない。
もっとダ・ヴィンチの色んな作品の暗号についてやるのかと思ったら、
ちゃんと関係していたのは『最後の晩餐』だけでしたしね。


あっ、今さらですが、この感想はネタバレを含むと思います;;
言うの遅かったですか、スイマセン;;


そんでまぁ、一番気になったのが、オドレイ・トトゥさん。
ご存知、『アメリ』の主演女優さんです。

『アメリ』を見たときは、少女っぽい雰囲気を残した可愛らしい人だと思いました。
しかし『ダ・ヴィンチ・コード』では、大人の女性に変身していました。
ベッドシーンがあったとかそーいうんじゃないんですけど、
しっかりした女性を演じるだけじゃなくて、身から溢れてる感じがしたんです。
佇まいが、もう少女じゃなくて、女なんですね。
なので、もう30歳ぐらいになるんじゃ?と勘違いしてしまいました。
ゴメンナサイです。そこまでいってませんね。


もういっこ年齢の話ですが、主演のトム・ハンクスさん。
うちの父親と同い年でした。ビックリしました。


物語のほうは…うーんと。
けっこうキリスト教関係から苦情が出てるらしいですが、
正直、私は異教徒なのでその気持ちが100%わかるとは言えません。
でも、「キリスト教は嘘を教えてきた」「キリスト教は真実を隠してきた」という
内容なので、これはキリスト教側が怒っても仕方ないんじゃないかと思います。
それが事実であれ、嘘であれ、名誉を汚されたと思うでしょう。
バッシングを受けるぐらいのことはしてあげて当然ですね。


でもまぁ、ラストが「ソフィーが末裔でした。チャンチャン♪」で終わったら、
殴ってやろうかと思いました。(誰を? あえて言うなら隣の人かな…笑)
ちょっとそれはお粗末すぎでしょ…と呆れながら、
しかし、最後に何かあることを期待しながら見ていました。

うん。良かった。

最後は非常に納得しました。
良く思いついたなーと、心から感心しました。
ぜひとも「ローズ・ライン」なるものをたどってみたいものです。


個人的には、シラスが大ヒット。
あの人、ほんとすごくかわいそう。
最初は気持ち悪いだけだったんだけど、最期で株上がった。
「信じるものは救われる」って誰が言ったんだろうね。
シラスは信じすぎて、救われなかったと思うよ。



次は…やっぱり『デスノ』かな。
そんで『ゲド戦記』。
ほんとは『嫌われ松子の一生』も『TRICK2』も見たいんだけど。
そんな余裕はないと思われます。残念ナリ!
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-06-06 16:00 | ☆雑記

The first anniversary.

<激遅戦隊ノロマーマン>は、本日でちょうど一周年です。
3ヶ月も続かないと思って始めましたが、意外と続きました。
自分でもビックリです。

ノロマレッドとして人目を忍んで生きて一年、ということでもあります。
いまさら友達にカミングアウトするのも勇気がいると思う今日この頃。
「実は売れない芸人なの…」と言うほうがマシな気もしてきました。
違いますけどね。

それはされおき。
おかげさまで、訪問者数は5月の半ば頃に2万人を超えました。
これまでに一度でも覗いてくださった皆様に感謝したいと思います。
これからも地道にどーでもいいお話を積み上げていきたいと思います。
ほんとはもっとマンガに傾いたブログにしたかったのですが、
宝塚にハマってしまった今、そうもいかなくなりました。
スイマセン。(誰に謝ってんだ)



そんなわけで、早速、宝塚の話をしようとするあたりがヤバイです。

先週の土曜日、もう諦めかけていた
雪組『ベルばら』全国ツアー(梅田芸術劇場)のチケットが手に入りました。

また観に行くんだな…私;と、自分にウンザリ。

でもこれは私の観劇欲というよりは、母の観劇欲。
私がひとりで『ベルばら』を2回も観に行ったことを知った母が、
「連れて行ってくれたらチケット代ぐらい出したったのに…」
と恨めしそうにブツクサ言っていたので、私は
「じゃあ全国ツアーのチケットが取れたら行こや」と言っていたのです。
しかし、一般発売で見事に惨敗したのです。
あのS席を取れた公演はやっぱり奇跡だったのだと確信しました……。

一般発売惨敗後も、あらゆるところでチケット入手に手を尽くすこと約一ヶ月。
とうとう私はチケットを譲ってくださるという女神様に巡り会えたのです!!
就職活動を中断してまでこんなことに精を出していた自分に
「なんて孝行娘な私☆」と密かにうっとりしました。


そんなわけで、これからまた就活頑張ります……。
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-06-05 15:05 | ☆タカラヅカネタ
本日は久しぶりに本格的に外出しました。
といっても車で、スーパーマーケット(イオン)へ。
気になっている「ネスカフェのコーヒー入り炭酸飲料」を探しましたが、
やっぱり田舎には売っていないようです……。

感想です。

今号のラインナップ
☆読みきり☆宮本恒靖物語
◎エア・ギア
◎エリアの騎士
◎Over Drive
◎金田一少年の事件簿―獄門塾殺人事件―
◎さよなら絶望先生
◎ダイヤのA
◎魔法先生ネギま!

≪以下ネタバレ≫
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-06-02 15:46 | ☆週刊『少年マガジン』感想

Why!?

ま…まぁちゃんさんまでもが……
ガフッ…;;(瀕死)
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-06-01 18:03 | ☆タカラヅカネタ

I don't have a good memory.

昨夜、シャッターを閉め忘れたノロマレッドことチヅルです。

気付いたのが深夜だったので、ご近所迷惑になるため、
シャッターを開けたままにしておくことにしました。
生活改善のためちゃんと朝に起きようと昨日誓ったので、
日光に照らされて目が覚めるってのも悪くないなと思いながら就寝。

結果、
「どんだけ明るくても寝れる」ということが判明しました。

やっぱり昼まで寝てしまいました。ホホホ。



ま、そんなことはどーでもよくて。
…といっても、次のネタもどーでもいいことなんですけど。
マンガ日記と自分で銘打ったわけですからね。
ちょいとマンガ話を。

最近、私の頭の中を占領するひとつの単語があります。

ルイ・ル・グラン学院

なんだろう? 何かわからない……
不安にかられて、とうとう今日はネットで調べてみました。

おぉっ! 一発早わかり!!

パリにある学校の名前みたいです。
…しかし何故そんなものを私が知っている?
パリに留学した友達がいるわけでもなし、
ましてや私なんかは生まれてこのかた一度も日本を出たことないし。

分からないので、さらに調べてみると…

あ~~っそうだっ!
ロベスピエールが通ってた学校の名前だーっ!!

そう。最初に申し上げたとおり、これはマンガ話。
マンガのなかで知ったのです。
そのマンガは…ご存知「ベルサイユのばら」!!


私の記憶って、妙なところだけ良い。
最悪なときはフェルゼンの名前すら思い出せないほどボケているのに、
こういうどーでもいいようなことをふいに思い出します。
しかし肝心な出所がすぐに思い出せなかったりするので、
しょっちゅう歯がゆい思いをしております。

もうちょっと使い勝手の良い脳味噌であってほしいと思いました。



≪追記≫
なんかあたるらしいので
エキサイトネームカード情報局にTBしましたー。
当たったらどこ行こっかなー♪(取らぬ狸の皮算用)
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-06-01 16:17 | ☆徒然マンガネタ