マンガを読むのが激遅っ!なチヅルのマンガ日記。でしたが、タカラヅカもあったり、シーズンごとにドラマ感想もあるよ。気楽にコメントドウゾ☆


by chizuru-66-lun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

連休中も、連休明けても、マンガが好き。

お久しぶりです。ノロマレッドことチヅルです。
当ブログもしっかり大型連休をいただいてお休みしていました。
…というのは、後付けした言い訳なんですけど。(笑)


楽しかった連休……
遠出をしたわけではないけど、毎日フラフラフラフラしていました。
無意味すぎて楽しかったです。

でもその連休最後の日曜日。
新聞で最悪の事実を知ってしまいました。

私が熱烈に応援している闘牙関が引退!!(T△T)

実際には5日に引退届を提出していたそうですが……

なんで私に一言の相談もなく!!(T△T)

…いえ、全く知り合いじゃないですけどね。
まぁ、それぐらいショックを受けたというわけですよ。
あまりのショックさに夏場所は見る気も失せました。
朝青龍が優勝しても、優勝パレードカーに闘牙の姿は無いもの……;;



気を取り直して、マンガの話でも。
ゴールデンウィーク期間中、近所のBOOK OFFではセールをしていました。
買わなきゃソンソン♪とばかりに久々に大量購入☆


まずは、『お兄ちゃんと一緒』(4)(5)。

お兄ちゃんと一緒 5 (5)
時計野はり / 白泉社
(何故か5巻の画像しかない)

5巻なんて今年3月に出たばかりの最新刊なのにあったの!!(゜▽゜)

桜ちゃんが高校生になり、新キャラも豊富で楽しかったです。
正お兄ちゃんとのvラブvもこれからドンドン進みそうですね~☆
やっと世間が喜ぶ”禁断の兄妹愛”になってきましたね!(笑)


次に、『幻獣の星座』(4)(5)(6)(7)(8)(9)。

幻獣の星座 4 (4)
秋乃 茉莉 / 秋田書店


幻獣の星座 6 (6)
秋乃 茉莉 / 秋田書店


幻獣の星座 7 (7)
秋乃 茉莉 / 秋田書店


幻獣の星座 8 (8)
秋乃 茉莉 / 秋田書店


幻獣の星座 9 (9)
秋乃 茉莉 / 秋田書店

(なぜか5巻の画像だけないの)
レディースコミック350円以上の品が200円になるというので大量購入。
かなり得した……☆

こちらは……そうそう!
秋乃先生の『Petshop of Horrors』シリーズの伯爵がゲスト出演してたりして、
ファンには垂涎モノの内容でした!!(笑)


最後はマンガじゃないけど、『バッテリー』(Ⅲ)(Ⅳ)。

バッテリー 3
あさの あつこ / 角川書店


バッテリー〈4〉
あさの あつこ / 角川書店

待ってれば流れてくるもんだねぇ……。

やたら青波が強くなってて、その分、巧が脆くなってた……。
ネウロ風にいうと、人間に近づいてた…ってとこかもしれません。
巧の野球に対する、豪に対するいろんな感情が見え隠れしてきて、
彼にとってはわずらわしい限りかもしれないけど、良いことだと感じました。


以上の10冊でした。

ついでに立ち読みもしたので、その感想も。

まず読もうとしたのは『雲を殺した男』。

雲を殺した男
今 市子 / 集英社

最初に収録されている「水乞い」(タイトル忘れた;)のお話を読みました。
でもこれは立ち読みするには難しくて断念!
内容も、登場人物もわかりにくいので、家でじっくり読みたい系。


次に『秋日子かく語りき』。

秋日子かく語りき
大島 弓子 / 角川書店

これも最初に収録されている表題作だけ読みました。
いや、これには驚きました。
最初は「なんかふつ~の変な日常話だなー」と思って読んでたんですが、
ラストのまさに「秋日子かく語りき」なところで度肝を抜かれました。
オチをバラすのはよくないと思うので書きませんが、とにかく
心に響くセリフだったので、泣きそうになって、そこで読むのをやめました。
絵はちょっと好きではないですけど、オススメですよ~☆
夢を持って生きていこう!と思えました。


次はお水系マンガを二本続けて読みました。
まず、『ホストの拳』。

ホストの拳
芹沢 由紀子 / 角川書店

タイトルは間違いなく『北斗の拳』のパロでしょうね;
だから私もうっかり手に取っちゃったんだと思います。(笑)
とにかくホストのお話でした。
感想は特にないですね。(笑)


そしてもうひとつは、『泥に咲く花』。

泥に咲く花
庭 りか さちみ りほ / 秋田書店

こっちはホステス嬢のお話。
キャバクラなんて軽いものじゃなかった…と思います;
ホステスの世界がこんなに優しくて暖かいものなら私もやってみたいもんです。


以上でした。
立ち読みで少年マンガとか青年マンガも読んでみたいのですが、
小学生やおっちゃんの間に分け入ってまでは読む気になれません;
女性客限定BOOK OFFをつくってください。(笑)
[PR]
by chizuru-66-lun | 2006-05-09 15:46 | ☆徒然マンガネタ